胃腸科のご案内

胃カメラ大腸内視鏡検査を用い、がんの早期発見および正確な診断を行ないます。胃カメラで苦しくない検査をうけてもらえるように、鼻より極細径内視鏡(最新のハイビジョン対応)を用いて検査します。
大腸内視鏡検査では可能な限り検査と同日にポリープ切除を行なっています。ヘリコバクター・ピロリ感染症に対し適切な除菌療法を行なっています。

症状・病名について

✓吐き気 ✓胃のむかつき ✓胸やけ ✓食欲不振 ✓全身倦怠感 
✓便秘 ✓下痢 ✓血便 ✓黒色便 ✓体重減小 ✓便が細くなった

✓腹痛 ✓便秘 ✓機能性ディスペプシア ✓胃・十二指腸潰瘍
✓急性・慢性胃炎 ✓逆流性食道炎 ✓急性腸炎 ✓胆石症 
✓胆のう炎 ✓脂肪肝 ✓急性・慢性肝炎 ✓大腸ポリープ 
✓消化器癌(肝臓癌、胃癌、大腸癌、膵臓癌)の診断、早期発見

胃内視鏡検査(胃カメラ)・大腸内視鏡検査のご案内

患者様ページで検査までの流れや、当日・前日の注意事項などをご紹介しております。

検査案内を見る


https://nouhi-clinic.jp/wp-content/uploads/2022/03/fukidasi_3.png

健康診断でひっかかり、「胃の再検査をしてください」と言われました

https://nouhi-clinic.jp/wp-content/uploads/2022/03/fukidasi_1.png

当院では患者様の検査負担を減らす取り組みをしており、最新の機器がございます。具体的には、「痛くない・苦しくない胃カメラ」で、これは検査中に会話することも可能です。また、不安がある方には、麻酔を使って眠っている間に検査をすることもできます