院長からのごあいさつ

 
医療の仕事については、性格からか「着実・丁寧」を心がけています。

患者さんとのコミュニケーションでは、仰っていることに耳を傾け、その裏に潜む「伝えたいこと」を、会話を通して間違いないか確認していきます。

先代からこの地で開業して60年になりますが、毎日毎日の地道な積み重ねの中で、「患者さんの健康・笑顔をサポートしていると実感する」お話は励みになります。


院長
佐藤 哲也
Tetsuya sato

私の経歴

・日本大学医学部卒業
(学生時代は準硬式野球部に所属、チームのみんなでワイワイと楽しく集まるということが好きでした)
・岐阜大学医学部第2外科 平成4年入局 ・岐阜市民病院 平成6年 ・下呂市立金山病院 平成7年
・岐阜総合医療センター 平成8年 ・関が原病院 平成10年 ・濃飛中央病院 平成12年 副院長
・濃飛ファミリークリニック 平成16年~ 院長
 
平成4年から8年間 一般外科、消化器外科、乳腺外科、消化器癌中心に救急医療、整形外科など学びました。
診察中に患者様より「以前父にお世話になった、命を助けていただいた」などのお言葉が時々あります。
 
私、個人という生き方だけでなく、両親、そして祖父母、先祖からのつながりを
医療という現場で実感することがあり「医者としての運命」を考えさせられます。

 
 

スタッフ紹介
地域での診療活動

川辺町と共に歩む濃飛ファミリークリニック

先代院長が濃飛ファミリークリニックの前身となる「濃飛中央病院」を昭和30年代に開設しました。場所はこのクリニックがある西栃井です。

当時は看護婦寮を併設し、救急指定病院として365日24時間体制でこの地域の医療に貢献させていただいておりました。

中央病院時代から働いてくれている看護師や、地域の患者様でも世代をまたぐ長いお付き合いも多くあります。

医療人としての「父の姿」 

享年78歳で他界した先代院長(父)は、わが身を医療に捧げる人でした。私が子供のころから見てきた父は、仕事一筋です。唯一の趣味も合間時間でできる「庭いじり」。父らしいです。

短い時間でしたが、父と一緒に仕事ができ、多くのことを心に刻むことが出来ました。今後も自分のペースで、医療をつくすことを誓います。

息子 佐藤哲也